2021年に、ビットコインは最高価格約700万円に高騰しましたが、今現在300万円台を行ったり来たりしています。
それに影響してか、イーサリアム等の他の仮想通貨の価格も下降しております。

2008年に発明された暗号資産であるビットコインは、今では知らない人がいないほどの知名度があり、
世界が注目している通貨であり、ビットコインで色々な物が買えたり金に代わる投資先として注目されており、最も興味深い仮想通貨である。

ビットコインの認知が広まり注目が集まる事で、その他の仮想通貨にもビットコイン同様に注目を浴び価格が上がり続けていました。
日本では、仮想通貨取引できるコインチェックやlineなど様々な取引所があり、ネットで手軽に購入できるようになっている。

ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、リンク、ビットコインキャッシュ等、仮想通貨は種類も増え続け、
新たな通貨、投資先として世界の様々な人々の心を鷲掴みしています。
それとは反対に、投資先として保有することを危険視している人がいるのも無視できません。

中国のビットコイン規制により、2021年5月、6月に急落してからは、値動きは今までとは違う推移を見せております。
中国では、仮想通貨、ビットコイン規制する背景には、マネーロンダリング(資金洗浄)を防ぐ目的とされており、マイニングは禁止されていますが、保有は禁止されていないため、ビットコインの取引は活発にされているようです。

しかし、ビットコインのマイニング(採掘)の50%は中国で行われており、やはり中国の規制は、ビットコインにとって下落は避けて通ることはできなかったようです。

ビットコインなどの仮想通貨は、大量の電力を消費し、高性能コンピューターで複雑な問題を解くことでマイニング(採掘)される。このマイニングが環境への影響を懸念され、安定した電力の供給が課題であり、これらの懸念が改善されれば、また、ビットコインなどの仮想通貨価格は高騰していくだろう。

今、ビットコインのマイニング(採掘)は、中国からカザフスタン、ロシアに拠点を移行し安定&安価な電力でマイニングできるようになると思われる。そうして安定した電力を手に入れたビットコインは、また値を戻すと思われる。

これから仮想通貨は、世界共通の通貨として、ゴールドに代わる投資先として、安定した通貨として供給していく未来があるのではないでしょうか。